GoogleのMapsAPIsを使う

GoogleのMapsAPIsを使う

ホームページやブログに載せている地図により多くの情報を載せたいと考えているなら、MapsAPIsと呼ばれる仕組みを活用すると良いです。

Google Maps APIsに関してはこちらのサイトをご覧ください。

この仕組みを利用することで、どのようなことができるのかというと、地図上に特定の文字を表示させたり、特定のポイントに写真を表示させたりすることができます。簡単なことから複雑なことまでできるMapsAPIsですが、これを地図の中に組み込むためには、多少のプログラミングスキルが必要になります。


特定のプログラミング言語を学ぶことになりますが。

そこまで難しいことではありません。



1ヶ月程度集中して勉強できる環境さえあれば、誰でも自由に地図に組み込めるようになります。

なお、MapsAPIsの仕様に困ったことがあったらGoogleのサポートページを参考にしてみると良いです。
サポートページには多くの情報が載っていて、組み込むための方法やキーワードなどが紹介されています。


ウェブサイトで使われる地図はGoogleが多く、情報量も他の地図に比べ多いです。


この仕組みを使うことができれば思い通りの地図を製作することができ閲覧者に対して有益な情報を与えることが出来ます。



Googleの地図を様々なかたちに変化させ、非常に魅力的な地図に変更することが可能です。


SEO対策と同時に地図の変更を行えば、検索順位で上位に表示されること間違いないでしょう。まずは仕組みを理解してみみると良いです。


  • Google Maps APIsのテクニック

    • GoogleMapsAPIsにはJavaScriptのAPIが用意されており、基本的な機能であれば簡単なソースで実現可能です。例えば地図とともにマーカーを表示したい場合は、最初にスタイルの設定を行います。...

      detail
  • Google Maps APIsの学びたい知識

    • 企業のホームページやお店のホームページにはアクセス方法を紹介する目的で地図を掲載しており、その地図の大半がグーグルマップになっていると言っても良いでしょう。様々な機能を持つグーグルマップの利用者数は多く、便利な機能を使いこなすユーザーも少なくありません。...

      detail
  • Google Maps APIsの知っておきたい情報

    • GoogleMapsAPIsはweb上でマップを表示するために便利なツールです。見慣れたマップが使えるので、誰でも安心して見せることができます。...

      detail
  • いまどきのGoogle Maps APIs

    • GoogleMapsAPIsは、グーグルマップを誰でも無料で自分のサイトに組み込むことができるサービスです。JavaScriptとホームページを作る程度のHTMLの知識があれば、自由にカスタマイズすることもできます。...

      detail