GoogleのMapsAPIsを使う

  • Google Maps APIsはキーの取得が重要

    • 企業のホームページやお店のホームページにはアクセス方法を紹介する目的で地図を掲載しており、その地図の大半がグーグルマップになっていると言っても良いでしょう。

      Google Maps APIsの情報を幅広く扱っているサイトです。

      様々な機能を持つグーグルマップの利用者数は多く、便利な機能を使いこなすユーザーも少なくありません。サイトに掲載するマップはグーグルマップを表示してメニューから「地図を共有または埋め込む」を選択し、表示された代やログ内のURLをコピーしてサイトのHTMLにペーストするだけで埋め込みが出来るようになっています。



      但し、この方法では最寄り駅からお店までのルート表示や所要時間などの情報を表示させる事が出来ません。

      折角便利な機能を持つグーグルマップを使うのですから、色々な機能を使える状態でサイトに挿入したいと考える人も多いのではないでしょうか。GoogleMapsAPIsはグーグルマップに様々な機能をそのまま継承する形で挿入する事が出来るGoogleMapsのAPIの総称、APISとはGoogleMapsのAPIすべてを意味しているわけです。


      APIの使用方法についてはグーグルマップの公式サイトの中で紹介が行われており、すべてのGoogleMapsAPIsの特徴や何が出来るのか、どのように使えば良いのか、などのドキュメントを用意してあります。

      これはオープンソースタイプのアプリケーションとも言えるもので、チュートリアルを使えば初心者でも比較的容易に取り組む事が出来ます。



      尚、GoogleMapsAPIsを使う場合にはAPIキーの取得が必要で、公式サイト内でログインをしてから取得しておきましょう。