GoogleのMapsAPIsを使う

  • 便利な無料サービス、Google Maps APIs

    • GoogleMapsAPIsは、グーグルマップを誰でも無料で自分のサイトに組み込むことができるサービスです。


      JavaScriptとホームページを作る程度のHTMLの知識があれば、自由にカスタマイズすることもできます。

      分かりやすくマーカーを設置したり線を入れたり、見た目をお洒落にしたり、情報ウィンドウを表示させることもできるのです。
      旅行ブログやグルメサイトに地図が掲載されていると非常に便利、グーグルマップなら行き方はもちろん、周辺の情報も簡単に調べることができます。

      Google Maps APIs情報といえばこちらです。

      有料で詳細な地図が使えるサービスもありますが、料金が高いため個人サイトで利用するのは難しいですがGoogleMapsAPIsなら無料、世界中のあらゆる場所の地図を自分のサイトに組み込むことができるのです。
      GoogleMapsAPIsを利用するには、公式サイトでAPIキー〔認証情報〕を取得する必要があります。
      APIキーを使用するとGoogleAPIconsoleからAPIの使用状況を監視したり、必要なときにグーグルからアプリに関する問い合わせもできるのです。
      GoogleMapsAPIsの使用は、1日に5万ビュー以上になる大規模なサイトはグーグルの承認を得る必要があり、広告とロゴが入るなどの制約があります。



      また関連するページの文字コードは全てUTF-8で統一する必要があり、JavaScriptやCGI、CSS〔スタイルシート〕が利用できない場合もあるのです。